建設業個人事業主の方は業界に詳しい税理士を

建設業個人事業主の方は業界に詳しい税理士を

建設業個人事業主の方は業界に詳しい税理士を!

建設業 個人事業主の節税 税理士

 

建設業個人事業主の方へ!
70%税理士報酬を引き下げることができます!

 

元現場監督のマサキです。(プロフィールはこちら

 

建設業の個人事業主の方は多くの方が高い税理士報酬を払っています。

 

建設業の業界に疎い税理士ははっきり言って全く無駄です!


建設業界に詳しい税理士を!

 

そもそもお前は誰の味方だ!

 

建設業の個人事業主の約6割が税理士に不満を持っていることが解っています。

 

大きな一つの原因が、”自分の味方でなく、税務署の味方をしている”という不満です。

 

節税の為の適切なアドバイスが貰えていないのが現状です。加えて税理士報酬が適正でない可能性も高いとなればなおさらです。

 

建設業界に詳しい税理士をもつことは大きなメリットがあります。

 

・融資の際に有利なアドバイスが貰える。
・建設業の個人事業主の節税に詳しい。
・業界に特化した詳しい節税アドバイス。

一般的な税理士報酬の例

 

業種 月額顧問料 決算料 年間合計
建設業 個人事業主 一万八千円 九万五千円 三十三万円
建設業 個人事業主 一万六千円 六万円 二十二万円
建設業 個人事業主 二万円 七万円 三十万円
建設業 個人事業主 二万円 九万円 三十三万円

建設業 個人事業主に詳しい安い税理士は

 

ここでは、一つの例として僕(管理人)も利用している税理士ドットコムを利用して、納得した税理士を紹介(無料)してもらった方がどれくらい税理士報酬を引き下げれたかを紹介します。

 

税理士ドットコムで最適な税理士選び

 

業種 月額顧問料 決算料 年間合計
建設業 個人事業主 一万千円 六万円 十九万円
建設業 個人事業主 一万二千円 五千円 十五万円
IT広告業 個人事業主 一万円 五千円 十四万円

 

このように約70%近く税理士報酬を引き下げることができています。

 

建設業界は経済が不安定になれば直接打撃を受ける業界です。業界に詳しい税理士を持つことは個人事業主であってもまず最初に取り組むべき節約です。

 


管理人

 

僕も個人事業主です。独立して今年で五年目ですが、以前は高額な税理士報酬を払っていましたが。

 

仕事はサイト運営の広告収入です。

 

税理士ドットコムで三度無料で自分の業務や業界に詳しい税理士を紹介してもらいました。

 

その結果67%もの税理士報酬を安くすることができたのです。

 

年間で言うと約23万円も節約できた上、節税の為の適切で濃い最新のアドバイスが貰えます。

 

結局最後は税務署の判断になりますが、最低でも知らずに無駄に高い税理士報酬を払うことは避けられます。

 

税理士の料金を安くしたい方はコチラ

 

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

PR



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページへ 2018最も欲しい資格 監督の転職 プロフィール お問い合わせ